八千代マイクロ写真社 contents
yachiyo microfilm service サービス内容


雑誌限定、図書館向けの撮影サービス マイクロ製本サービス
保管スペースの問題を抱えている図書館のために 利用頻度が低くなった学術雑誌など実際には廃棄出来ないのが現状です 毎日の様に増えていく雑誌類を今迄の様に製本してもスペースの削減にはなりません このような問題を解決する為に生まれたサービスがマイクロ製本サービスです。

サービスの特長 

保管スペースを80パーセント以上削減
ほとんどの図書館で抱える保管スペースの問題を解消!
フィルム1巻あたり最大7200ページ収納出来ます。
幅90センチ、6段の書架を毎月1段づつマイクロ製本化した場合でも、
約1年間で書架2台分の本が10cm厚のA4の本よりもコンパクトに
マイクロフィルムへ収録されます。
これで本(情報)を捨てなくても大丈夫!

欲しいページに簡単アクセス
目的のページを直接表示できるから便利です。
雑誌のバックナンバーを閲覧する時には、既存のデータベースや文献からの引用などで
必要な雑誌のタイトル、ボリューム、ページが分かっている場合がほとんどです。
目的のページを直接表示する事が出来るので必要な情報に簡単アクセスできます。
もちろん目次、索引からの検索も出来ます。
「マイクロ製本」の使用方法について

期待寿命500年の保存性
長期保存可能な媒体だから図書館運用に最適!
国際規格では「適切な保管方法により500年の期待寿命」と記されています。
また、アナログ媒体であるマイクロフィルムなら、デジタル媒体の様に情報を構成する
データや周辺機器が陳腐化してしまう心配がありません。

撮影料金1ページあたり6円
サービスを雑誌に限定する事により、極めて低い価格での作業が可能になっています。
もちろんカートリッジ代、ラベル代は価格に含まれています。


「マイクロ製本」撮影サービスでは一般のマイクロ撮影とは異なる
様々な特長があります。


「マイクロ製本」撮影サービスで省スペース化したら、書架の上2段の本を
減らして震災対策に備える事が出来ます。




このページのトップへ