八千代マイクロ写真社 contents
yachiyo microfilm service サービス内容
マイクロ製本撮影サービス

八千代マイクロ写真社が提案する図書館の震災対策_図書館の震災対策!_図書館の震災対策は書架の上2段を減らすことから!



地震時、図書館は危険な場所へと変貌します!

●地震時、大きな横揺れで書架の特に上部が
大きく揺れてしまいます。
●揺れにより書架上段から落下した本は凶器となります。
●落下した本が避難経路を塞ぎ、さらなる危険を発生させる原因となります。
●書架から本が落下しない場合には、本の重さが書架への大きな負担となり、書架自体を損壊させたり、倒壊させてしまうかもしれません。

Point!:横揺れの地震では高い場所ほど大きく揺れます。


イラスト_書架_地震の揺れで大きく揺さぶられ、上段の本が落下


●上段から本を減らすことにより、地震時に書架の揺れを軽減します。
●高い位置からの本の落下がなくなる分、危険度が低下します。
●書架への負担も軽減されて、損壊や倒壊のリスクを軽減させます。

Point!:書架の揺れが軽減する分、本の落下も少なくなります。


イラスト_書架マイナス2段で揺れも軽減
●本を減らす。●書庫と書架をふやす。
しかし..簡単な様で難しい...

●本を廃棄するのにも選別が大変。
●安易に廃棄できない。
●書庫と書架を増やす為には莫大な費用がかかってしまう。
●外部で本を保管しても永遠に費用がかかってしまう。
●オンラインで提供される情報に頼って、本を廃棄するのも不安。

Point!:図書館が抱える問題の根源には保管スペースの問題が!




「マイクロ製本」撮影サービスをお勧めします!

図書館で保管されている膨大な雑誌のバックナンバーを「マイクロ製本」撮影サービスでマイクロフィルムへ変換し、本(紙)のみを廃棄する事で省スペースを実現します!
※紙は古紙としてリサイクルします。


Point!:図書館の情報はそのままで、本(紙)を削減可能!

図書館のあり方とは、情報を1ケ所へ蓄積して維持する事で、それらの情報を利用者がシェアすることによってコストを軽減させる重要な役割をはたす場所だと、八千代マイクロ写真社では考えています。

イラスト_7200ページの情報が1巻のマイクロフィルムに収録されます。
最大7,200ページの情報が
1巻のフィルムに収録されます。


「マイクロ製本」撮影サービスとは、雑誌のバックナンバーを製本と同じルールで整理して、目的のページを簡単に表示できる方法でマイクロフィルム化することを低価格で実現するマイクロフィルム撮影サービスです。

Point!:マイクロフィルムは国際規格でも500年の期待寿命。
図書館の運用でも安心できる媒体です。
マイクロ製本でめざせ!チャレンジマイナス2段

本サービスについてのご相談やご質問などがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。



このページのトップへ


「マイクロ製本サービス」トップページへ